バイナリーオプションのローソク足の種類や見方、分析方法を徹底解説

この記事は5分で読めます

こんにちは、ヒュウガです。

ローソク足について知りたい人「バイナリーオプションで取引しているんだけど、ローソク足がいまいちよく分からない!あれはなにを教えてくれるものなの?詳しく教えて欲しい!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

  • バイナリーオプションで稼ぎたいならローソク足は必須の知識
  • ローソク足を使って相場の動きを読む方法

ローソク足は、一見とてもシンプルな見た目をしていますが、その見た目とは裏腹に複数の情報を読み取ることができるようになっています。

その使いやすさから株価や商品先物取引など、いろんな分野で使われており、今やどのチャートを読み取る際にも必要になると言っても過言ではありません。

今回は、そんなローソク足の種類や見方などの、ローソク足を使って相場分析する際に必要になる知識を、初心者にも分かりやすいように解説していきます。

ローソク足の基礎知識

ローソク足の基礎知識

今や世界中で使用されているローソク足ですが、実はその誕生の地は日本になっています。

時は江戸時代、西暦で言うと1700年代、本間宗久と呼ばれる天才相場師がローソク足を発明したと言われています。

そんなローソク足は、単純にローソクの形に似ていることからローソク足と名付けられました。

ローソク足はローソクの形に似ているというだけあって、とてもシンプルな形をしていますが、それ故にどんな情報が隠されているのか全く予想が付かないものになっています。

それでは、ローソク足にどんな情報が隠されているのか、以下にて見ていきましょう。

ローソク足から読み取れる情報

ローソク足はたった1本で、特定の時間内の「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの情報を視覚的に表しています。

  • 始値:特定期間の開始時の値
  • 高値:特定の期間中に最も高かった値
  • 安値:特定の期間中に最も安かった値
  • 終値:特定期間の終了時の値

画像に表してみると、以下のようになっています。

ローソク足 解説画像

また画像を見ても分かるように、ローソク足には大きく分けて「陽線」と「陰線」の2種類があり、その2つの違いは、

  • ローソク足に設定されている時間内に、始値よりも終値が上昇したローソク足が「陽線」
  • ローソク足に設定されている時間内に、始値よりも終値が下落したローソク足が「陰線」

となっています。

ローソク足の各部分の名前

次に、ローソク足の各部分には名前があり、

ローソク足 解説画像2

  • ローソク足の胴体の、始値や終値を表す部分を「実体」
  • ローソク足の実体の上部に位置する、高値を表す部分を「上ヒゲ」
  • ローソク足の実体の下部に位置する、終値を表す部分を「下ヒゲ」

となっています。

見た目もシンプルなローソク足ですが、部位もたった3つで形成されており、大変分かりやすいものになっていますね。

それでは、ローソク足がどのような過程によって形成されているのか、以下にて見ていきましょう。

ローソク足が形成される過程

ローソク足は、以下の画像のような過程によって形成されています。

ローソク足が形成される過程図

上記の画像に沿って解説すると、始値→安値→高値→終値の順に矢印が移動していることが確認できると思います。

これはローソク足が形成されるまでの値動きをチャート上にしたもので、1本のローソク足にはこれだけ多くの情報が隠されているということを具現化したものになっています。

ローソク足を理解するための近道として、ローソク足の裏側には上記画像のようなチャートが隠されていることを理解し、ローソク足を見たときに頭の中で形にすることが大事なポイントになっています。

ローソク足から読み取れる値動きの推移状況

ここまでで、ローソク足の基礎知識について十分に理解できたと思いますが、ローソク足から読み取れることは「高値」「安値」「始値」「終値」の4つの情報だけではありません。

ローソク足からは値動きの推移状況までもが読み取れるようになっています。

例えば、

  • 実体からは、値動きの勢いなどが感じられる
  • ヒゲからは、買いと売りのどちらが優勢なのか、などが感じられる

ということが分かります。

実体が大きい場合は買いと売りの勢いが強く値動きが激しい状況が感じられ、実体が小さい場合は買いと売りの勢いが弱く値動きが弱々しい状況を感じ取ることができ、

上ヒゲが長ければ、一時はかなり上昇したが売りの勢いが強かったために押し戻されて終わったことが感じとれ、

下ヒゲが長ければ、一時はかなり下降したが買いの勢いが強かったために押し戻されて終わったことが感じとれますね。

ローソク足の種類

まずは、以下の画像をご覧ください。

MT4 画像

上ヒゲだけないローソク足や、実態が小さくヒゲだけがやけに長いローソク足など、様々の形が存在していると思います。

実はこのような様々な形のローソク足には全て名前が付けられているんです。

以下にて見ていきましょう。

大陽線/大陰線

大陽線

実体の部分が周囲のローソク足に比べ明らかに大きい陽線のことを、大陽線と呼びます。

大陽線は買いの勢いが続くことを示しており、下降トレンドなどで見られた時はトレンドの転換点の示唆とも受け取れます。

大陰線

実体の部分が周囲のローソク足に比べ明らかに大きい陰線のことを、大陰線と呼びます。

売りの勢いが続くことを示しており、高値圏で出現した時は下降トレンドへの転換点の示唆とも受け取れます。

小陽線/小陰線

小陽線

大陽線に比べ実体部分がやや小さい陽線のことを、小陽線と呼びます。

実体が小さいことや陽線になっていることから、やや買いに傾いた保ち合いを示しており、相場の迷いを表しているとも言われます。

小陰線

大陰線に比べ実体部分がやや小さい陰線のことを、小陰線と呼びます。

実体が小さいことや陰線になっていることから、やや売りに傾いた保ち合いを示しており、相場の迷いを表しているとも言われます。

上影陽線/上影陰線

上影陽線

上ヒゲが長く実体部分が下方にある陽線のことを、上影陽線と呼びます。

上影陽線は安値に傾く可能性を示唆しており、高値で出た場合には下降トレンドへの転換点とも受け取れます。

上影陰線

上ヒゲが長く実体部分が下方にある陰線のことを、上影陰線と呼びます。

上影陰線は安値に傾く可能性を示唆しており、高値で出た場合には下降トレンドへの転換点とも受け取れます。

下影陽線/下影陰線

下影陽線

下ヒゲが長く実体部分が上方にある陽線のことを、下影陽線と呼びます。

下影陽線は買いが強まる可能性を示唆しており、安値で出た場合には上昇トレンドへの転換点とも受け取れます。

下影陰線

下ヒゲが長く実体部分が上方にある陰線のことを、下影陰線と呼びます。

下影陰線は買いが強まる可能性を示唆しており、安値で出た場合には上昇トレンドへの転換点とも受け取れます。

十字線

始値と終値が全く同じで実体がない形をしたローソク足のことを、十字線と呼びます。

買いと売りが均衡している状態を示しており、相場の転換を示唆しています。

ローソク足を使った相場分析方法

ローソク足を使った相場分析方法

バイナリーオプションで相場分析する際、多くの人がインジゲーターなどに頼りがちになっていますが、為替相場の動きの示唆は為替相場を構成しているローソク足自身が示唆してくれています。

相場分析をする際にはインジゲーターしか見ていないという人も間違ってはいないのですが、もっと狭い範囲(1つ1つのローソク足)をみることでインジゲーターよりも正確に相場の動きを読むことも実際にできます。

これを機に、インジゲーターやサインツールに頼りがちになっている方は、今一度ローソク足の大切さを噛み締めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、バイナリーオプションのローソク足の基礎知識や種類、相場分析をする方法などを解説させていただきました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • ローソク足には相場の動きを示唆する情報が隠されている
  • インジゲーターなどと並行してローソク足の相場分析も使っていこう

それでは、ヒュウガでした。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

>ハイローオーストラリアのお得な情報

ハイローオーストラリアのお得な情報


バイナリーオプションで利用者No.1を誇る業者「ハイローオーストラリア」なら、人気のバイナリーオプション取引を面倒な登録不要・完全無料でお楽しみいただけます。

また、いまハイローオーストラリアで新規口座開設を行っていただくと、ハイローオーストラリア内の取引で使えるポイント¥5,000分をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施しておりますので、無料で行える口座開設もぜひご検討くださいませ。

CTR IMG