【徹底比較】バイナリーオプション業者の国内と海外の違いからオススメをご紹介!

この記事は5分で読めます

こんにちは、ヒュウガです。

取引業者の国内と海外の違いを知りたい人「バイナリーオプションを始めようと思って業者を選びたいんだけど、国内と海外で違いがあるらしくて、両者はどこが違うの?詳しく教えて!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

  • 国内と海外の詳細な違い
  • 国内は規制で終わっているから海外がオススメ

バイナリーオプションを始めようと業者について調べていると、国内の業者と海外の業者に違いがあり、

「どちらを選んだら良いのか」「国内と海外にどんな違いがあるのか」、このようなことで悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は、国内と海外にはどんな違いがあるのか、どちらを選んだら良いのか、に焦点を置いてお話を進めていきます。

国内業者と海外業者の違い

国内業者と海外業者の違い

まず始めに、1番大きな違いとして国内業者と海外業者は、その業者を運営している会社がどこの国にあるかによって変わってきます。

もっと簡単にいうと、

国内業者:日本の会社が運営している業者のこと

海外業者:日本国外の会社が運営している業者のこと(日本に支店があったとしても日本国外に本拠地があれば海外業者になる)

になっています。

国内業者は日本の金融庁認可の元で運営している

また、日本国内でバイナリーオプション業者を運営する場合、金融庁が発行する金融取引業ライセンスを取得する必要があるため、国内業者は全て金融庁直下で運営している安心できる業者という認識で構いません。

一方、海外業者は金融庁認可の元で運営していますが(海外業者でも日本国内にサービスを提供する場合、金融庁の認可が必要になる)、本拠地を置いている国の金融商品取引法で運営しているため、同じバイナリーオプションでも取引方法が国内業者と比べて異なったものになっています。

国内業者には金融庁が定めた規制がかかっている

国内業者には金融庁が定めた規制がかかっている

ここまでの記事を見ると、「国内業者は金融庁直下で運営していて安心できるから、国内業者一択じゃね?」と思う方が多いと思いますが、現状は国内業者よりも海外業者で取引をしている人が多くなっています。

その1番の原因が、国内業者に定められた「規制」になっており、規制がかけられた理由としては、「バイナリーオプション取引のギャンブル性が強い」と判断されたことが理由となっています、

それでは、規制が定められた国内バイナリーオプションがどのように変わってしまったのか、見ていきましょう。

短期取引の禁止

バイナリーオプション取引の醍醐味と言えば、30秒程で終わる「短期取引」が有名で、FXのように数日がメインの「長期取引」と上手く差別化ができていましたが、

規制により「短期取引が禁止」になったことにより、2時間未満のエントリーが禁止になりました。

実質、1日あたり12回以上の取引ができなくなり、短期取引の代わりに払い戻しが少なくなりがちのバイナリーオプションには大打撃になりました。

総取りの禁止

総取りとは、定められた価格帯の中で判定時刻になった場合、それが例え「High」でも「Low」でも関係なく、掛け金の没収が行われる設定になっていましたが、

規制により、その「総取りの禁止」が行われました。

一見、トレーダーに有利な規制に思えますが、海外業者には元々そんな不利な設定はなかったため、大して得はしていませんね。

ペイアウト率の変動制

バイナリーオプションはそれまで、約定レートから価格の動きが少なくても多くても固定のペイアウト率で払い戻しされ、約定レートから少しでも動けば勝ちは勝ちでした。

ですが規制により、「ペイアウト率の変動制」が実装されからは、約定レートから価格の動きの大小によってペイアウト率が変動するようになっており、

勝った時の「利益」と負けた時の「損益」を理解してから取引をすることができなくなりました。

価格提示を2WAY方式へ

それまでのバイナリーオプションは、「High」か「Low」を予想するだけの簡単な取引でしたが、2WAY方式につまり「買いと売り」を追加してFXの真似事を始めました。

2WAY方式が悪ということでは決して無く、事実FXでは2WAY方式が採用されているにも関わらず人気の投資となっています。

ですが、バイナリーオプションは「ローリスク・ローリターン」の投資ですので2WAY方式になって取引が難しくなっても損しかないんですよね。

国内バイナリーオプション規制の歴史

以下が、国内バイナリーオプション規制の歴史になっています。

国内バイナリーオプション規制の歴史
2012年末 バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
2013年 ワーキンググループが自主規制についての最終報告
2013年7月3日 内閣府令によって公的規制が導入
2013年7月18日 金融先物取引業協会よりガイドライン発表
2013年8月1日 内閣府令によって公的規制実施
2013年8月1日 現行ルールのバイナリーオプションへの新規参入不可
2013年11月30日 現行ルールのバイナリーオプション停止

確かに、国内業者は金融庁直下で運営しているし安全ですが、規制の内容がキツすぎてまともな取引ができませんし、もはやバイナリーオプションと呼べるか怪しいです。

それに比べ、海外業者には規制など定められておらず、本来のバイナリーオプション取引を楽しむことができますし、海外業者は危険と言われていますが安心して取引できる業者もたくさん存在しています。

以下の記事にて、海外と国内の業者ランキングをご紹介していますので是非ご覧ください。

関連記事

どの業者を選ぶか迷っている人「バイナリーオプション業者で口座開設しようと思っているんですが、どの業者が一番おすすめですか?初心者でも分かるおすすめ比較ランキングが見たいです。」 こんにちは、ヒュウガです。 今[…]

まとめ

この記事では、バイナリーオプション業者の国内と海外の違いからオススメはどちらなのかご紹介しました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • 規制によって国内業者は終わっています
  • 規制がかかっていない海外業者がオススメ

それでは、ヒュウガでした。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

>ハイローオーストラリアのお得な情報

ハイローオーストラリアのお得な情報


バイナリーオプションで利用者No.1を誇る業者「ハイローオーストラリア」なら、人気のバイナリーオプション取引を面倒な登録不要・完全無料でお楽しみいただけます。

また、いまハイローオーストラリアで新規口座開設を行っていただくと、ハイローオーストラリア内の取引で使えるポイント¥5,000分をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施しておりますので、無料で行える口座開設もぜひご検討くださいませ。

CTR IMG