インジケーターのオシレーター系とは?基本情報やオススメ、使い方を徹底解説!

この記事は5分で読めます

こんにちは、ヒュウガです。

インジケーターについて知りたい人「オシレーター系のインジケーターを使ってみたいんだけど、種類が多すぎてどれがいいのかよく分からない!詳しく教えて!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

  • オシレーター系インジケーターの基本情報
  • オシレーター系インジケーターのオススメや使い方

そもそもインジケーターってなに?

インジケーターとは、過去のチャートデータからトレンド(通貨の流行)や偏差、最高価格からの比率など、今後の値動きの目安になる情報を模索する目的で作成された指標のことです。

そんなインジケーターには、現在では数え切れないほどの種類が存在していますが、その全てが「テクニカル分析」をする上で必須になっています。

MT4 移動平均線 画像
為替相場上にインジケーター(移動平均線)を導入した画像

為替相場上に試しにインジケーター(移動平均線)を導入してみると、上記画像のようになっています。

インジケーターは大きく分けて2種類に分けられる

インジケーターは大きく分けて2種類に分けられる

過去のチャートデータから、トレンドや偏差、最高価格からの比率などを割り出してくれるインジケーターですが、

インジケーターは大きく分けて、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

以下にて、詳しくの双方の違いを見ていきましょう。

トレンド系のインジケーター

最初に紹介するのは、本記事の本題ともなっている「トレンド系のインジケーター」です。

トレンド系のインジケーターとは、文字通りに主にトレンド(通貨の流行)の示唆をしてくれるインジケーターになっており、

上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、そのトレンドの勢いはどのくらいなのか、などを視覚的に表してくれます。

代表的なものですと、

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • ADX/DMI

などになっています。

トレンドの示唆をしてくれるインジケーターというだけあって、主に順張りに特化したインジケーターになっています

オシレーター系のインジケーター

オシレーター系のインジケーターは、通貨の流通量などから買われずぎや売られすぎなどを表してくれるインジケーターになっており、

トレンドの転機点を探る目的で主に使われるインジゲーターになっています。

代表的なものですと、

  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RSI

などになっています。

トレンドの転機点を探るインジケーターというだけあって、主に逆張りに特化したインジケーターになっています

今回は、このオシレーター系のインジケーターについて詳しく紹介していきます。

オススメのオシレーター系インジケーター

オススメのオシレーター系インジケーター

それでは本題の、オススメのオシレーター系インジケーターの紹介や、その導入方法や使い方を解説していきます。

今回、ご紹介するオススメのオシレーター系インジケーターは、以下の3つになっています。

それでは、順を追ってみていきましょう。

MACD

最初に紹介するオシレーター系のインジケーターは、相場の周期やタイミングを捉えることができるMACDです。

MACDの概要

MACD 画像

MACD(Moving Average Convergence/Divergence)は、「Moving Average」という名前からも分かる通り、

2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉えることが出来るインジケーターになっています。

またMACDの傾きから、トレンドの方向性や転換点を見極める使い方もできます

MACDは数あるオシレーター系インジケーターの中でも、特に使用頻度や重要度の高いインジケーターになっており、始めに覚えて欲しいオシレーター系インジケーターの1つになっています。

MACDの設定方法

MACDの画像 1

MACDをMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「オシレーター」→「MACD」の順にクリックしてください。

MACDの画像 2

すると、上記画像のようにMACDの設定画面が表示されますが、こちらはデフォルトのままで大丈夫ですので、「OK」をクリックしてください。

MACDの見方

MACDの設定が上記解説通りにできていれば、下記の画像のようにチャート画面の下部にMACDが表示されます。

MACDの画像 3

まず始めにMACDの基本的な考え方として、以下のようなものがあります。

  • 0.0のラインより上にMACDラインがある場合→上昇方向の示唆
  • 0.0のラインより下にMACDラインがある場合→下降方向の示唆

MACDの画像 4

上記画像を見ても、0.0のラインをMACDラインが大幅に超えていくと共に、為替相場が上昇していることが確認できると思います。

これにはMACDの計算方法が関係しています。

MACDの計算方法→「12日EMA-26日EMA

この計算方法を見ても分かる通り、MACDは2つの異なる期間のEMA(移動平均線)の差を表しています。

つまり、どういうことかというと、

為替相場が上昇方向に進みだすと、まずは期間の短い12日EMAの数値が大きくなります。

次に、26日EMAが少し遅れて反応して上向きに進み出すことで、12EMAとの差は開き、MACDの値が大きくなります。

そうなると価格の上昇の傾きが強ければ強いほど、この2本のEMAの差は大きくなり、MACDの値も大きくなるので、

MACD線の角度が急であるほど価格の上昇の力が強いと判断することができます。

また、これらは逆の場合(下降トレンド)にも同じことが言えますね。

このようにMACDを使うことで、相場のトレンドの方向性や転換点を見極めることができるようになっています。

MACDを使った相場分析方法はまだありますが、それはまたの機会に解説していきます。

ストキャスティクス

2つ目に紹介するオシレーター系のインジケーターは、相場の買われすぎや売られすぎを知ることができるストキャスティクスです。

ストキャスティクスの概要

ストキャスティクス 画像

ストキャスティクスは、一定期間の一番高かった値と安かった値の値幅に対し、現在の値を0%〜100%の間で数値化したインジケーターになっています。

現在の値を0%〜100%の間で数値化することで、現在の相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断することができるようになっています。

下記にて紹介するRSIと同じく、「逆張り指標」としてレンジ相場(横ばい)のときに主に使用するインジケーターになっています。

またストキャスティクスには、「ファーストストキャスティクス」と「スローストキャスティクス」の2つのタイプが存在していますが、今回は一般的に使用回数が多いスローキャスティクスの紹介をしていきます。

ストキャスティクスの設定方法

ストキャスティクス 画像1

ストキャスティクスをMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「オシレーター」→「Stochastic Oscillator」の順にクリックしてください。

ストキャスティクス 画像2

すると、上記画像のようにストキャスティクスの設定画面が表示されますが、基本的にはデフォルトのままで大丈夫ですので、そのまま「OK」をクリックしてください。

ストキャスティクスの見方

まずストキャスティクスの基本的な考え方として、ストキャスティクスの2つのラインが20を下回れば売りが優勢、80を上回れば買いが優勢、になっていますが、

「どんなに優勢な勢いも、いずれ収束する」

との考え方から、ストキャスティクスの2つのラインが20を下回れば「売られ過ぎだから買い」、80を上回れば「買われ過ぎだから売り」、のように立ち回ることが一般的になっています。

ストキャスティクス 画像3

上記の画像でも確認できますが、20より下で%K(青線)が%D(赤線)を突き抜けた場合に買い、80より上で%K(青線)が%D(赤線)を突き抜けた場合に売り、となります。

これらを、

  • 20より下で%K(青線)が%D(赤線)を突き抜け上昇トレンドになる現象:ゴールデンクロス
  • 80より上で%K(青線)が%D(赤線)を突き抜け下降トレンドになる現象:デッドクロス

と呼びます。

ストキャスティクスでは、このように%Kと%Dの2つのラインから買われすぎや売られすぎなどを判別しながら、相場分析を行っていきます。

ストキャスティクスを使った相場分析方法はまだありますが、それはまたの機会に解説していきます。

RSI

最後に紹介するオシレーター系のインジケーターは、RSIです。

RSIの概要

RSI 画像

RSIは、一定期間の値動きを上昇と下降に分けて、上昇分が全体の何%になるかというのを表すインジケーターになっており、

買われすぎなのか売られすぎなのかを数値で表したオシレーター系のインジケーターの1つです。

値は0%〜100%の間で示されており、値が小さいほど売られすぎを示しており、値が大きいほど買われすぎの状態を示しています。

RSIの性能は、先ほど紹介したストキャスティクスにとても類似する性能になっていますが、RSIとストキャスティクスでは、買われすぎなのか売られすぎなのかを数値で表す際の計算方法が異なったものになっています。

RSIとストキャスティクスの計算方法の違い

RSI=○日間の上昇幅÷(○日間の上昇幅+○日間の下降幅)

ストキャスティクス=過去○日間の高値-安値÷当日の終値-○日間の安値

RSIの設定方法

RSI 画像1

RSIをMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「オシレーター」→「Relative Strength Index」の順にクリックしてください。

ストキャスティクス 画像2

すると、上記画像のようにRSIの設定画面が表示されますが、基本的にはデフォルトのままで大丈夫ですので、そのまま「OK」をクリックしてください。

RSIの見方

上記解説の通りにチャートにRSIを追加できると、以下の画像のようにチャート下部のサブウインドウにRSIが追加されていることが確認できますね。

RSI 画像3

RSIの基本的な分析方法としては、「買われすぎ/売られすぎ」の状態になった時に、

先ほどのストキャスティクスと同じ考え方の、

「どんなに優勢な勢いも、いずれ収束する」の理論をもとに逆張りを行っていきます。

RSI 画像4

具体的に上記画像を例にして解説すると、サブウインドウに追加されてる青色(デフォルト)の線が30%のライン付近で反発すると共に、為替相場も同時に反発し上昇トレンドになっていることが見て取れると思います。

これはRSIの性質になっており、30%と70%の両ライン付近でRSIの線が反発すると、相場も反発してそのままトレンド相場になりやすくなっています。

このように、RSIの線の反発や行き先を確認し逆張りを仕掛ける、これがRSIを使った分析方法になっています。

まとめ

今回は、バイナリーオプションのオシレーター系インジケーターの基本情報やオススメ、その使い方などを解説させていただきました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • オシレーター系のインジケーターは主に逆張りに特化している
  • オシレーター系のインジケーターはトレンド系と合わせて使うとより効果的

それでは、ヒュウガでした。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

>当サイトについて

当サイトについて

当サイト「ゼロから始めるハイロー生活」では、主に人気No.1業者 ”ハイローオーストラリア” を使って、ゼロからバイナリーオプションを始める皆様をバックアップする目的の元、「あなたの知りたいは全てココにある」をコンセプトに運営を行っております。

バイナリーオプションや当サイトに関するご質問やご意見などは、以下のお問い合わせフォームにてご送信ください。

CTR IMG