インジケーターのトレンド系とオシレーター系の違いとは?オススメはどっち?

この記事は5分で読めます

こんにちは、ヒュウガです。

インジゲーターについて知りたい人「インジケーターは大きく分けてトレンド系とオシレーター系に分けられるらしいけど違いは何なの?詳しく教えて欲しい!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

  • トレンド系とオシレーター系の違い
  • トレンド系とオシレーター系はどちらがオススメか

インジケーターのトレンド系とオシレーター系の違い

インジケーターのトレンド系とオシレーター系の違い

インジケーターは大きく分けて、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

以下にて、詳しくの双方の違いを見ていきましょう。

トレンド系のインジケーター

トレンド系のインジケーターとは、文字通りに主にトレンドの示唆をしてくれるインジケーターになっており、

上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、トレンドの勢いはどのくらいなのか、などを視覚的に表してくれます。

代表的なものですと、

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • ADX/DMI

などになっています。

トレンドの示唆をしてくれるインジケーターというだけあって、主に順張りに特化したインジケーターになっています

オシレーター系のインジケーター

オシレーター系のインジケーターは、通貨の流通量などから買われずぎや売られすぎなどを表してくれるインジケーターになっており、

トレンドの転機点を探る目的で主に使われるインジゲーターになっています。

代表的なものですと、

  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RSI

などになっています。

トレンドの転機点を探るインジケーターというだけあって、主に逆張りに特化したインジケーターになっています

トレンド系とオシレーター系はどちらがオススメ?

トレンド系とオシレーター系はどちらがオススメ?

これは、よく論争されている問題になっているんですが、結論から言うとオススメなんてものはありません。

以下の記事でも解説していますが、似たようなものとして、順張りと逆張りもどちらが良いか論争されていますが、実際そんなのはトレーダーによります。

順張りエントリーの勝率が高い人もいれば、逆張りエントリーの勝率が高い人もいますし、どちらも異なるエントリータイミングを定める取引手法になっているので、状況に応じて使い分ければいいだけなんですよね。

関連記事

この記事は5分で読めます こんにちは、ヒュウガです。 順張りと逆張りについて知りたい人「順張りや逆張りについて知りたいんだけど、どんな手法なの?本当に使えるの?詳しく教えて欲しい!」 今回は、こんな疑問[…]

と言うか、オシレータ系のインジケーターの多くはトレンド系のインジケーターと組み合わせて使うことが多いですので、どちらがいいのかではなく、

有効な場面に有効な数だけのインジケーターを使っていくことが正解と言えますね。

オススメのトレンド系インジケーター

オススメのトレンド系インジケーター

ここからは、オススメのトレンド系インジケーターの基本情報や導入方法、使い方までを解説していきます。

それでは、順を追ってみていきましょう。

移動平均線

最初に紹介しますのは、全てのインジケーターの基本になる「移動平均線」です。

移動平均線の概要

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の終値の平均をチャート上に曲線で表示するインジケーターです。

移動平均線はシンプルな計算方法で歴史も古く、様々な種類の移動平均線や移動平均線を元に作成されたインジケーターや、

移動平均線と別のインジケーターを合わせて使うテクニカル分析も多数存在しており、FXやバイナリートーレダーに大人気のインジケーターの一つになっています。

移動平均線はその性能や使いやすさから、全ての元になるインジケーターと言っても過言ではなく、まず最初に覚えて欲しいインジケーターになっています。

一目均衡表

2番目に紹介するのは、バイナリーオプションと相性抜群の「一目均衡表」です。

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表とは、相場の売り手と買い手の「均衡(パワーバランス)」が崩れ、相場の動きが優勢になった方向に動き、相場の動きを示唆するインジケーターになっています。

一目均衡表の特徴は、「時間」というものに焦点をおいて分析を行うところにあり、「いつ」、「どこで」相場が「どちらに」傾くのかを詳しく知ることができます。

本来、一目均衡表というインジケーターは、「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」と呼ばれる5つの線で形成されていますが、

短期取引が主流のバイナリーオプションでは、先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲のみを使用して相場分析を行っていきます。

先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲のことを、通称「雲」と呼びます。

ボリンジャーバンド

最後に紹介するのは、信頼度が最も高いと言っても過言ではないインジケーター「一目均衡表」です。

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンドとは、相場の勢いの変化や反転の目安、方向を詳しく分析することができるインジケーターです。

一定期間のデータの標準偏差(シグマ=σ)を算出し、移動平均線に対してシグマの1~3倍を加算したものをボリンジャーバンドの+1σ~+3σ、減算したものをボリンジャーバンドの-1σ~-3σとして表示します。

株価の値動きが激しくなるとバンド幅が拡大、値動きが小さくなるとバンド幅が縮小する傾向にあり、その信頼度は、1σなら約68%、2σなら約95%、3σなら約99%の確率でバンド内に相場が収まるようになっています。

ボリンジャーバンドは、他のインジケーターと併用して使うことが多いですが、単品で使っても十分使えるインジケーターになっていますので、是非使い方を覚えていってください。

また他のインジケーターと併用して使う方法については、後日紹介しますので是非ご覧ください。

オススメのオシレーター系インジケーター

オススメのオシレーター系インジケーター

それでは、オススメのオシレーター系インジケーターの基本情報や導入方法、使い方までを解説していきます。

それでは、順を追ってみていきましょう。

MACD

最初に紹介するオシレーター系のインジケーターは、MACDです。

MACDの概要

MACD 画像

MACD(Moving Average Convergence/Divergence)は、トレンドの方向性・転換点を見極めるために使用されるインジケーターになっています。

名前に移動平均(Moving Average)とあるように、移動平均線を利用したインジケーターと言うことが分かりますね。

MACDの山の傾きや移動平均線の位置から、相場のトレンド状況を見るといった使用方法もできるようになっています。

ストキャスティクス

2つ目に紹介するオシレーター系のインジケーターは、相場の買われすぎや売られすぎを知ることができるストキャスティクスです。

ストキャスティクスの概要

ストキャスティクス 画像

ストキャスティクスは、一定期間の一番高かった値と安かった値の値幅に対し、現在の値を0%〜100%の間で数値化したインジケーターになっています。

現在の値を0%〜100%の間で数値化することで、現在の相場が買われすぎなのか売られすぎなのかを判断することができるようになっており、

RSIと同じく“逆張り指標”として横ばい相場のときに使います。

RSI

最後に紹介するオシレーター系のインジケーターは、RSIです。

RSIの概要

RSI 画像

RSIは、一定期間の値動きを上昇と下降に分けて、上昇分が全体の何%になるかというのを表すインジケーターになっており、

買われすぎなのか売られすぎなのかを数値で表したオシレーター系のインジケーターの1つです。

値は0%〜100%の間で示されており、値が小さいほど売られすぎを示しており、値が大きいほど買われすぎの状態を示しています。

RSIの性能は、先ほど紹介したストキャスティクスにとても類似する性能になっていますが、RSIとストキャスティクスでは、買われすぎなのか売られすぎなのかを数値で表す際の計算方法が異なったものになっています。

RSIとストキャスティクスの計算方法の違い

RSI=○日間の上昇幅÷(○日間の上昇幅+○日間の下降幅)

ストキャスティクス=過去○日間の高値-安値÷当日の終値-○日間の安値

また計算方法が異なることから、相場への反応速度も異なり、ストキャスティクスの反応速度の方がRSIと比べ少し早いものになっています。

まとめ

今回は、インジケーターのトレンド系とオシレーター系の違いやどちらがオススメなのかを解説させていただきました。

今回のおさらいは以下の通り。

  • トレンド系のインジケーターとは、文字通りに主にトレンドの示唆をしてくれるインジケーターのこと
  • オシレーター系のインジケーターとは、通貨の流通量などから買われずぎや売られすぎなどを表してくれるインジケーターのこと
  • トレンド系とオシレーター系のインジケーターは場面に合わせて使っていこう

それでは、ヒュウガでした。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

>ハイローオーストラリアのお得な情報

ハイローオーストラリアのお得な情報


バイナリーオプションで利用者No.1を誇る業者「ハイローオーストラリア」なら、人気のバイナリーオプション取引を面倒な登録不要・完全無料でお楽しみいただけます。

また、いまハイローオーストラリアで新規口座開設を行っていただくと、ハイローオーストラリア内の取引で使えるポイント¥5,000分をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施しておりますので、無料で行える口座開設もぜひご検討くださいませ。

CTR IMG