バイナリーオプションのトレンド系インジケーターのオススメや使い方を徹底解説

こんにちは、ヒュウガです。

インジケーターについて知りたい人「トレンド系のインジケーターを使ってみたいけど、種類が多すぎてどれがいいのかよく分からない!詳しく教えて!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

本記事で分かること

  • トレンド系インジケーターの基本情報
  • トレンド系インジケーターのオススメや使い方

バイナリーオプションやFXなどで必須になる相場分析、相場分析をするにはインジケーター呼ばれるツールが必要になるんですが、種類が多すぎてどれを使えばいいのか分からないという方も多いはず。

そこで今回は、バイナリーオプションやFXなどで使用できる、おすすめのトレンド系インジケーターをご紹介していきます。

ハイローオーストラリア 口座開設画像

そもそもインジケーターってなに?

そもそもインジケーターってなに?

インジケーターとは、過去のチャートデータからトレンド(通貨の流行)や偏差、最高価格からの比率など、今後の値動きの目安になる情報を模索する目的で作成された指標のことです。

そんなインジケーターには、現在では数え切れないほどの種類が存在していますが、その全てが「テクニカル分析」をする上で必須になっています。

MT4 移動平均線 画像
為替相場上にインジケーター(移動平均線)を導入した画像

為替相場上にインジケーター(移動平均線)を導入するとこんな感じになります。

分析してる感があってテンション上がります(笑)

インジケーターは大きく分けて2種類に分けられる

インジケーターは大きく分けて2種類に分けられる

過去のチャートデータから、トレンドや偏差、最高価格からの比率などを割り出してくれるインジケーターですが、

インジケーターは大きく分けて、「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

以下にて、詳しくの双方の違いを見ていきましょう。

トレンド系のインジケーターとは

最初に紹介するのは、本記事の本題ともなっている「トレンド系のインジケーター」です。

トレンド系のインジケーターとは、文字通りに主にトレンド(通貨の流行)の示唆をしてくれるインジケーターになっており、

上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、そのトレンドの勢いはどのくらいなのか、などを視覚的に表してくれます。

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • パラボリック
  • ADX/DMI

代表的なトレンド系インジケーターはこんな感じ。

オシレーター系のインジケーターとは

オシレーター系のインジケーターは、通貨の流通量などから買われずぎや売られすぎなどを表してくれるインジケーターになっており、

トレンドの転機点を探る目的で主に使われるインジゲーターになっています。

  • MACD
  • ストキャスティクス
  • RSI

代表的なオシレーター系インジケーターはこんな感じ。

オシレーター系のインジケーターについては、以下の記事で詳しく解説していますので気になる方はご覧ください。

関連記事

この記事は5分で読めます こんにちは、ヒュウガです。 インジケーターについて知りたい人「オシレーター系のインジケーターを使ってみたいんだけど、種類が多すぎてどれがいいのかよく分からない!詳しく教えて!」 […]

オススメのトレンド系インジケーター

オススメのトレンド系インジケーター

それでは本題の、オススメのトレンド系インジケーターの紹介や、その導入方法や使い方を解説していきます。

今回、ご紹介するオススメのトレンド系インジケーターは、以下の3つになっています。

それでは、順を追ってみていきましょう。

【インジケーターの基本】移動平均線

最初に紹介しますのは、全てのインジケーターの基本になる「移動平均線」です。

移動平均線の概要

移動平均線

移動平均線とは、一定期間の終値の平均をチャート上に曲線で表示するインジケーターです。

移動平均線はシンプルな計算方法で歴史も古く、様々な種類の移動平均線や移動平均線を元に作成されたインジケーターや、

移動平均線と別のインジケーターを合わせて使うテクニカル分析も多数存在しており、FXやバイナリートーレダーに大人気のインジケーターの一つになっています。

移動平均線はその性能や使いやすさから、全ての元になるインジケーターと言っても過言ではなく、まず最初に覚えて欲しいインジケーターになっています。

移動平均線の設定方法

移動平均線の設定方法

移動平均線をMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「トレンド」→「Moving Average」の順にクリックしてください。

移動平均線の設定画面

すると、上記画像のような移動平均線の設定画面が表示されますが、正直何がなんだかよく分からないですよね。

「期間って何?」「種別ってなんの種別なの?」って感じの人も多いと思います。

ですが安心してください、下記の解説を見れば嫌でも理解できます。

移動平均線の期間設定

移動平均線では、短期、中期、長期の3つの期間を用いた線を使って、テクニカル分析を行っていきます。

短期、中期、長期の3つの線を差別化する方法ですが、一般的に、短期は移動平均線の設定画面の期間を「15か25」、中期は「50か75」、長期は「100か200」に設定します。

この期間の数字は日数を表しており、例えば期間の数字を15に設定したなら、15日間の終値の平均値をチャート上に表示してくれる、ということですね。

移動平均線の種類を設定

移動平均線の種類は、以下の4つの種類があります。

  1. 単純移動平均(Simple)
  2. 指数移動平均(Exponential)
  3. 平滑移動平均(Smoothed)
  4. 線形加重移動平均(Linear)

1番のオススメは、「単純移動平均」です。

ていうか、他の3つは使うことがあまりないので、単純移動平均以外にもなんかあったな、くらいで流していて大丈夫です。

移動平均線の種類 2

肝心の設定方法ですが、移動平均線の設定画面で種別を「Simple」に設定するだけです。

移動平均線の適用価格の設定

冒頭で移動平均線とは、一定期間の終値の平均をチャート上に曲線で表示するインジケーターと記述しましたが、

これは終値限定という訳ではなく、Open(始値)、High(高値)、Low(安値)などを設定すれば、他の値の平均値をとることもできるようになっていますが、

ですが基本的には、終値(close)以外使うことはありませんので、適用価格は「close」にしておきましょう。

移動平均線のスタイル設定

次にスタイル設定ですが、スタイルとは線の色や線の太さのことです。

移動平均線のように、同時に複数の線をチャート上に表示するインジケーターの場合、線の色が酷似していると「どの線が短期だっけ」と、当然このように困惑する恐れがあります。

それを防ぐために、それぞれの線を識別しやすいように色や太さを変えておきましょう。

ここまでをあと2回繰り返す

移動平均線は一般的に、短期・中期・長期の3本か、短期・中期の2本で使います。

今回は、短期・中期・長期の3本の解説をしますので、上記までの設定を期間やスタイルを変えて、あと2回繰り返しましょう。

移動平均線の見方

移動平均線

ここまで解説通りに移動平均線を設定すれば、上記画像のようにチャート上に3本の移動平均線が表示されます。

次に、MT4のチャートから上昇トレンド(ローソク足が右上がりに上昇している相場)を探してください。

下記画像のようなものですね。

移動平均線 ゴールデンクロス

上昇トレンドを見つけたら、次に上昇トレンド周辺の移動平均線に注目してください。

上記画像のように、短期の線(画像では赤の線)が長期の線(白の線)を下から突き抜けていることが確認できると思います。

この現状は「ゴールデンクロス」と呼ばれ、大きな上昇トレンドが起こる示唆をしてくれます。

移動平均線 デッドクロス

次は、MT4のチャートから下降トレンド(ローソク足が右下がりに下降している相場)を探してください。

すると上記画像のように、短期の線(赤の線)が長期の線(白の線)を上から突き抜けていることが確認できると思います。

この現状は「デッドクロス」と呼ばれ、大きな下降トレンドが起こる示唆をしてくれます。

移動平均線のまとめ

  • 短期の線が長期の線を下から突き抜けるとゴールデンクロス(上昇トレンドの示唆)
  • 短期の線が長期の線を上から突き抜けるとデッドクロス(下降トレンドの示唆)

また移動平均線からは、他にもたくさん相場の情報を読み取れますが、それは後日記事にしますのでお見逃しなく!

【バイナリーとの相性抜群】一目均衡表

2番目紹介するのは、バイナリーオプションと相性抜群の「一目均衡表」です。

一目均衡表の概要

一目均衡表

一目均衡表とは、相場の売り手と買い手の「均衡(パワーバランス)」が崩れ、相場の動きが優勢になった方向に動き、相場の動きを示唆するインジケーターになっています。

一目均衡表の特徴は、「時間」というものに焦点をおいて分析を行うところにあり、「いつ」、「どこで」相場が「どちらに」傾くのかを詳しく知ることができます。

本来、一目均衡表というインジケーターは、「基準線」「転換線」「先行スパン1」「先行スパン2」「遅行スパン」と呼ばれる5つの線で形成されていますが、

短期取引が主流のバイナリーオプションでは、先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲のみを使用して相場分析を行っていきます。

先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲のことを、通称「雲」と呼びます。
また、以下からは雲と記述しています。

一目均衡表の設定方法

一目均衡表の設定方法

一目均衡表をMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「トレンド」→「Ichimoku Kinko Hyo」の順にクリックしてください。

一目均衡表の設定画面

すると、上記画像のように一目均衡表の設定画面が表示されますが、数値は一切変えなくて大丈夫です。

一目均衡表の色設定

設定画面の上部にある「色の設定」の項目をクリックしてください。

一目均衡表の色の設定

色の設定の項目にいきましたら、「転換線」「基準線」「遅行スパン」の色をクリックして下記画像のように「None」に設定してください。

一目均衡表 None

この行動の意味は上記でも記述しましたが、短期取引のバイナリーオプションでは、雲以外の線は基本的に必要ないため非表示にしているということです。

ここまで出来たら、画面下部の「OK」をクリックすると、チャート上に一目均衡表の雲が表示されます。

一目均衡表の見方

一目均衡表の見方

先ほど僕は『一目均衡表の特徴は、「時間」というものに焦点をおいて分析を行うところにあり、「いつ」、「どこで」相場が「どちらに」傾くのかを詳しく知ることができます』と記述しましたが、雲のどのようなところからトレンドなどの波を読み取ることができるのか、一緒に見ていきましょう。

雲 上昇トレンド

まずは、上記の画像をご覧ください。

上昇トレンドになる前に、雲にローソク足の下部が触れると同時に相場が上昇トレンドになっていることが確認できると思います。

これは一目均衡表の雲を使った相場分析の一つで、相場の下に雲がある状態の時にローソク足の下側が雲に触れると相場が反発して上昇トレンドになりやすい、というものですね。

雲 下降トレンド

次の画像は先程と逆で、相場の上に雲がある状態の時にローソク足の上側が雲に触れると相場が反発して下降トレンドになりやすい、というものですね。

雲 上昇トレンド2

次は先程の応用のようなもので、雲の下に相場がある時に相場が雲を突き抜けるように右上がりに動き雲を突き抜けた場合、上昇トレンドになりやすいというものです。

また突き抜ける雲の大きさによって信頼度が変わり、雲が大きいほど信頼度も大きくなります。

雲 下降トレンド2

こちらも先程とは逆で、雲の上に相場がある時に相場が雲を突き抜けるように右下がりに動き雲を突き抜けた場合、下降トレンドになりやすいというものです。

もちろん、こちらも雲が大きいほど信頼度が大きくなります。

一目均衡表のまとめ

  • ローソク足の下部が雲に触れるか、雲の下に相場がある際に雲を下から上に突き抜けたら上昇トレンドになりやすい
  • ローソク足の上部が雲に触れるか、雲の上に相場がある際に雲を上から下に突き抜けたら下降トレンドになりやすい

【信頼度高】ボリンジャーバンド

最後に紹介するのは、信頼度が最も高いと言っても過言ではないインジケーター「一目均衡表」です。

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンドの概要

ボリンジャーバンドとは、相場の勢いの変化や反転の目安、方向を詳しく分析することができるインジケーターです。

一定期間のデータの標準偏差(シグマ=σ)を算出し、移動平均線に対してシグマの1~3倍を加算したものをボリンジャーバンドの+1σ~+3σ、減算したものをボリンジャーバンドの-1σ~-3σとして表示します。

株価の値動きが激しくなるとバンド幅が拡大、値動きが小さくなるとバンド幅が縮小する傾向にあり、その信頼度は、1σなら約68%、2σなら約95%、3σなら約99%の確率でバンド内に相場が収まるようになっています。

ボリンジャーバンドは、他のインジケーターと併用して使うことが多いですが、単品で使っても十分使えるインジケーターになっていますので、是非使い方を覚えていってください。

また他のインジケーターと併用して使う方法については、後日紹介しますので是非ご覧ください。

ボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンドの設定方法

ボリンジャーバンドをMT4のチャート上に表示する方法ですが、MT4のトップ画面から「挿入」をクリックして「インディケータ」→「トレンド」→「Bollinger Bands」の順にクリックしてください。

ボリンジャーバンドの設定画面

すると、上記画像のように一目均衡表の設定画面が表示されますが、ここで編集する項目は偏差とスタイルのみで、期間は初期状態の「20」で大丈夫です。

ボリンジャーバンドの偏差設定

まずは、偏差の設定方法から解説していきます。

ボリンジャーバンドの偏差設定

偏差とは、簡単に解説すると1σから3σまでを差別化するものであり、1σのバンドをチャート上に表示したいなら偏差を「1」にして設定、2σのバンドをチャート上に表示したいなら偏差を「2」にして設定といった具合です。

ボリンジャーバンドのスタイル設定

次にスタイル設定ですが、こちらは今までのインジケーターと一緒です。

ボリンジャーバンドのように、同時に複数の線をチャート上に表示するインジケーターの場合、線の色が酷似していると「どの線がどれだっけ」と、当然このように困惑する恐れがあります。

それを防ぐために、それぞれの線を識別しやすいように色や太さを変えておきましょう。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの概要2

前述した通り、ボリンジャーバンドは相場の勢いの変化や反転の目安、方向を詳しく分析することができるインジケーターです。

では、どのようにして相場の勢いの変化や反転の目安、方向を知ることができるのか、一緒に見ていきましょう。

ボリンジャーバンドの見方1

まずは、上記の画像をご覧ください。

相場がレンジ相場(一定の変動幅の中で価格が上がったり、下がったりを繰り返す状態)の後にトレンドになっていることが確認できますよね、実はボリンジャーバンドを使えば事前にこのようなトレンドの波を読み取ることができます。

方法は簡単で、レンジ相場の周りのバンドがスクイズ(狭まった状態)になっていることが見て取れると思いますが、このような状態の時は、後に大きなトレンドに動くことが多いです、

ですが、ここまでではどちらの方向にトレンドができるのか分かりませんが、どちらに動くかも簡単に判別することができます、

方法は相場が大きく動き出し、2σのバンドに触れたらエントリーするだけ、上記画像のような場合ですと、レンジ相場が終わり相場が動き出してから、ローソク足の下部が2σのバンドに触れていますので「Lowエントリー」ということです。

また今回は下降トレンドについて解説していますが、逆もまた然りです。

ボリンジャーバンドのまとめ

  • レンジ相場から相場が大きく動き出し、2σのバンドに触れたら触れた方向にエントリー

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

まとめ

今回は、トレンド系インジケーターの基本情報やオススメのインジケーターについて、またそのインジケーターの導入方法や使い方をご紹介させていただきました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • インジケーターとは、過去のチャートデータからトレンド(通貨の流行)や偏差、最高価格からの比率などを割り出すプログラムのこと
  • トレンド系のインジケーターは、主にトレンドの示唆をしてくれるインジケーターになっている

それでは、ヒュウガでした。

>ハイローオーストラリアのお得な情報

ハイローオーストラリアのお得な情報


バイナリーオプションで利用者No.1を誇る業者「ハイローオーストラリア」なら、人気のバイナリーオプション取引を面倒な登録不要・完全無料でお楽しみいただけます。

また、いまハイローオーストラリアで新規口座開設を行っていただくと、ハイローオーストラリア内の取引で使えるポイント¥5,000分をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施しておりますので、無料で行える口座開設もぜひご検討くださいませ。

CTR IMG