ハイローオーストラリアの利益は脱税しても確実にバレます【理由と対策】

こんにちは、ヒュウガです。

ハイローの税金を払いたくない人「ハイローオーストラリアで利益が出たんだけど利益にかかる税金は絶対払わなくてはいけないの?ハイローオーストラリアの税金事情について分かりやすく教えて欲しい!」

今回は、こんな疑問に答えてきます。

本記事でわかること

  • ハイローオーストラリアで稼いだ利益を脱税すると確実にバレる理由
  • 納税する金額を少しでも少なくする方法

「ハイローオーストラリアは海外の業者だから日本に税金を支払う義務はないよね」「税金なんて支払わなくてもどうせバレないよ」

このように勘違いしている人も多いと思いますが、ハイローオーストラリアで稼いだ利益に税金は発生しますし、脱税しても確実にバレます。

本記事では、ハイローオーストラリアで稼いだ利益に税金が発生する理由や脱税するとバレてしまう理由、納税する金額を少しでも少なくする方法、この3つを軸にお話をしていきます。

ハイローオーストラリア 口座開設画像

ハイローオーストラリアで稼いだ利益には納税の義務がある

ハイローオーストラリアで稼いだ利益には納税の義務がある

ハイローオーストラリアで稼いだ利益に税金が掛かることは冒頭でも解説しましたが、
もっと詳しく言うと、1月1日から12月31日(1年間)の間に、

本業の給与所得がある方は、年間で20万円以上の利益を出すと納税の対象になり、

給与所得がない方は、年間で40万円以上の利益を出すと納税の対象となります。

ハイローオーストラリアにかかる税金は『総合課税』に分類される

ハイローオーストラリアは海外に本拠地を置き、海外の法律で運営している海外業者ですので、「総合課税」という種類に分類されます。

ハイローオーストラリアで得た所得と他の所得とを合計した金額を、税率でかけて割り出す課税方法

総合課税の課税方法は、上記の通りになっています。

詳しくは、以下の記事にて分かりやすく解説していますのでご参考ください。

関連記事

この記事は5分で読めます こんにちは、ヒュウガです。 ハイローにかかる税金について知りたい人「ハイローオーストラリアで稼いだ利益には税金がかからないって聞いたけど本当なの?ハイローオーストラリアの税金問題について[…]

ハイローオーストラリアで稼いだ利益を脱税すると確実にバレる理由

ハイローオーストラリアで稼いだ利益を脱税すると確実にバレる理由

ハイローオーストラリアは海外の業者で、日本の国税局と直接的に繋がりがあるわけではありませんが、利益を脱税すると確実に税務署にバレてしまいます。

どのようなカラクリがあって脱税を感知しているのか、以下にて見ていきましょう。

出金によってバレる

ハイローオーストラリアは海外の業者になりますので、稼いだ利益を出金すると「海外から日本の銀行に入金される」ということになります。

日本では犯罪防止の為、海外から日本に入金されたお金に関しては、特に事細かく監査を行っています。

入金金額が少額だと税務署にバレる危険性は薄いですが、バイナリーオプションは10万単位のお金が動く投資になっていますので、バレてしまうのも時間の問題になっている。

というわけですね。

脱税することの危険性

脱税することの危険性

ハイローオーストラリアで得た利益を納税せずに、税務署の税務調査が行われた場合、

「無申告加算税」「過少申告加算税」「重加算税」「不納付加算税」などが課される可能性があり、罰則金として多額の金額を徴収されることもあり、

最悪の場合には、懲役刑になる可能性も十二分にありますので、脱税することは犯罪であり、とても危険な行為と言えます。

そんな危険を背負ってまで脱税しても意味ないね・・・

納税金額を少しでも少なくする方法

納税金額を少しでも少なくする方法

ハイローオーストラリアで稼いだ利益を脱税することは出来ませんが、少しでも少なくする方法は存在しています。

つまりは節税ですね、以下からはハイローオーストラリアで行える節税について話していきます。

経費を算出して節税する

ハイローオーストラリアでは、ネットを通じて取引を行いますので必要になるものも多く、それらを必要経費として算出して節税することができます。

必要経費の代表例は、以下のようなものになります。

取引に使用するために購入した端末や周辺機器

ハイローオーストラリアで取引をするために購入したPCやスマホなどの端末や周辺機器であれば必要経費として申告することも可能になっています。

プライベートでも使うけど、主にハイローオーストラリアで取引するために購入した端末や周辺機器であれば、プライベートと取引に使用する割合の比率を算出して申告する必要があるため注意が必要です。

取引記録をつけるために使った文房具

取引記録などを付ける際に使用した文房具などの消耗品であれば、必要経費として申告することができます。

取引をするために使った光熱費や通信費

取引をするために使った光熱費や通信費であれば申告して節税することができます。

ですがプライベートで光熱費や通信費している場合、取引をするために使用した時間分のみを算出して申告を行う必要があります。

家賃

ハイローオーストラリアで取引をするためだけに家を借りている場合、その全てを経費として申告することが可能になっていますが、

自宅の一室を取引の専用部屋として使用している場合は、自宅の総面積から取引部屋で使用している面積の比率を算出することで、取引部屋にかかっている費用を経費として申告することができます。

ツールなどの費用

ハイローオーストラリアを使用するにあたって購入したサインツールなどのツールであれば経費として申告することができます。

上記のような費用があれば、納税金額を減らし節税できる可能性が高いため、レシートや領収書などを保管しておき忘れず申告するようにしましょう。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアで稼いだ利益を脱税すると確実にバレる理由や脱税することの危険性、納税金額を少しでも少なくする方法をご紹介させていただきました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • ハイローオーストラリアで稼いだ利益は納税の義務がある
  • 脱税はバレるし危険だから辞めておこう
  • 節税すれば納税金額を少しでも減らせる

また、確定申告の方法や納税金額の計算方法については、以下の記事にて解説しています。

それでは、ヒュウガでした。

関連記事

この記事は5分で読めます こんにちは、ヒュウガです。 ハイローにかかる税金について知りたい人「ハイローオーストラリアで稼いだ利益には税金がかからないって聞いたけど本当なの?ハイローオーストラリアの税金問題について[…]

>当サイトについて

当サイトについて

当サイト「ゼロから始めるハイロー生活」では、主に人気No.1業者 ”ハイローオーストラリア” を使って、ゼロからバイナリーオプションを始める皆様をバックアップする目的の元、「あなたの知りたいは全てココにある」をコンセプトに運営を行っております。

バイナリーオプションや当サイトに関するご質問やご意見などは、以下のお問い合わせフォームにてご送信ください。

CTR IMG