【2022年度】ハイローオーストラリアの税金対策や計算の方法について詳しく解説

この記事は5分で読めます

こんにちは、ヒュウガです。

ハイローにかかる税金について知りたい人「ハイローオーストラリアで稼いだ利益には税金がかからないって聞いたけど本当なの?ハイローオーストラリアの税金問題について詳しく教えて欲しい!」

今回は、こんな疑問に答えていきます。

  • ハイローオーストラリアで稼いだ利益には税金がかかります
  • ハイローオーストラリアで稼いだ利益に掛かる税金の計算方法
  • ハイローオーストラリアで行える税金の対策
  • 確定申告の詳しいやり方

ます始めに、誤解している方も多いと思いますが、ハイローオーストラリアで稼いだ利益に税金は発生します。

本記事では、ハイローオーストラリアで稼いだ利益に掛かる税金の計算方法や節税をするための税金の対策方法、確定申告のやり方などを解説していますので、

本記事を参考にして、税金の払漏れなどで脱税にならないようにしっかり知識をつけてくださいね。

税金の支払いの対象者は20万円以上の利益が出ている方

税金の支払いの対象者は20万円以上の利益が出ている方

ハイローオーストラリアで稼いだ利益に税金が掛かることは冒頭でも解説しましたが、もっと詳しく言うと1月1日から12月31日(1年間)の間に、給与所得以外で20万円以上の利益が出ている方が対象になります。

また利益が20万を下回っている場合、支払いの義務は生じないため気にしなくて大丈夫です。

無職の方は、年間38万円以上の利益が出た場合のみ対象になります。

ハイローオーストラリアにかかる税金は『総合課税』に分類される

ハイローオーストラリアは海外に本拠地を置き、海外の法律で運営している海外業者ですので、「総合課税」という種類に分類されます。

総合課税の課税方法は、

ハイローオーストラリアで得た所得と他の所得とを合計した金額を、税率でかけて割り出す課税方法

になっています。

そのため本業をしている方は、本業とハイローオーストラリアの総利益を足して、税率をかけた金額が納税する金額になっています。

ハイローオーストラリアにかかる納税金額の計算方法

先ほども記述しましたが、ハイローオーストラリアにかかる税金は総合課税に分類されます。

そして、総合課税にかかる税率は以下のようになっています。

スマホなどは横にスクロールできます
所得金額 税率 控除
195万円以下 5% 0円
195万円以上、330万円以下 10% 97,500円
330万円以上、695万円以下 20% 427,500円
695万円以上、900万円以下 23% 636,000円
900万円以上、1800万円以下 33% 1,536,000円
1800万円以上、4000万円以下 40% 2,796,000円
4000万円以上 45% 4,796,000円

因みに、国内業者が該当する「申告分離課税」の税率は一律20.315%になっていますので、年間で695万円以上稼ぐまでは海外業者の方がお得になっています。

それでは、計算方法の例を見ていきましょう。

本業で年間500万円、ハイローで100万円稼いだ場合の計算方法

  • (500 + 100 × 20%)− 427,500円 = 772,500円

納税金額=772,500円

実際にやる前は難しそうで抵抗がありますが、意外と簡単ですよね。

ハイローオーストラリアで行える税金の対策

ハイローオーストラリアで行える税金の対策

上記にて、ハイローオーストラリアにかかる納税金額の計算方法をご紹介しましたが、実は対策をすることで納税金額を減らすことができるようになっています。

つまりは節税ですね、以下からはハイローオーストラリアで行える節税について話していきます。

経費を算出して節税する

ハイローオーストラリアでは、ネットを通じて取引を行いますので必要になるものも多く、それらを必要経費として算出して節税することができます。

必要経費の代表例は、以下のようなものになります。

取引に使用するために購入した端末や周辺機器

ハイローオーストラリアで取引をするために購入したPCやスマホなどの端末や周辺機器であれば必要経費として申告することも可能になっています。

プライベートでも使うけど、主にハイローオーストラリアで取引するために購入した端末や周辺機器であれば、プライベートと取引に使用する割合の比率を算出して申告する必要があるため注意が必要です。

取引記録をつけるために使った文房具

取引記録などを付ける際に使用した文房具などの消耗品であれば、必要経費として申告することができます。

取引をするために使った光熱費や通信費

取引をするために使った光熱費や通信費であれば申告して節税することができます。

ですがプライベートで光熱費や通信費している場合、取引をするために使用した時間分のみを算出して申告を行う必要があります。

家賃

ハイローオーストラリアで取引をするためだけに家を借りている場合、その全てを経費として申告することが可能になっていますが、

自宅の一室を取引の専用部屋として使用している場合は、自宅の総面積から取引部屋で使用している面積の比率を算出することで、取引部屋にかかっている費用を経費として申告することができます。

ツールなどの費用

ハイローオーストラリアを使用するにあたって購入したサインツールなどのツールであれば経費として申告することができます。

上記のような費用があれば、納税金額を減らし節税できる可能性が高いため、レシートや領収書などを保管しておき忘れず申告するようにしましょう。

ハイローオーストラリアの確定申告のやり方

ハイローオーストラリアの確定申告のやり方

確定申告を行う方法は、以下の3つから選ぶことができます。

  • 税務署へ郵送する方法:ネットで入力した書類を郵送で送る方法
  • 税務署へ直接訪問する方法:税務署に直接訪問して書類を受理してもらう方法
  • e-Tax:完全オンラインで完結する方法

オススメはオンラインで完結する「e-Tax」ですが、

初めて確定申告をするため不安が残るという方は、税務署へ直接訪問すれば相談しながら確定申告ができますので、直接訪問することも視野に入れたほういいでしょう。

e-Tax ホームページはこちらから

まとめ

今回は、ハイローオーストラリアの税金の計算方法や対策方法、確定申告のやり方について解説していきました。

今回のおさらいは、以下の通り。

  • ハイローオーストラリアで稼いだ利益にも税金はかかる
  • 納税金額の計算は意外と簡単
  • 確定申告の方法はe-Taxが1番手軽にできる

それでは、ヒュウガでした。

今なら口座開設で¥5,000キャッシュバック中

ハイローオーストラリア 口座開設画像

>ハイローオーストラリアのお得な情報

ハイローオーストラリアのお得な情報


バイナリーオプションで利用者No.1を誇る業者「ハイローオーストラリア」なら、人気のバイナリーオプション取引を面倒な登録不要・完全無料でお楽しみいただけます。

また、いまハイローオーストラリアで新規口座開設を行っていただくと、ハイローオーストラリア内の取引で使えるポイント¥5,000分をキャッシュバックするお得なキャンペーンを実施しておりますので、無料で行える口座開設もぜひご検討くださいませ。

CTR IMG